宇佐美圭司  Keiji Usami

宇佐美圭司  Keiji Usami

1940年1月29日 – 2012年10月19日

Profile

経歴

1958年、大阪府立天王寺高校卒業。同年上京し、独学で創作を開始。1963年、南画廊で初個展。1965年、「新しい日本の絵画と彫刻」展(MoMA、NY)出品。この年に見つけた『ライフ』誌上のワッツ暴動の写真から抜き出した4人の人型を、翌年の自作に用いる。1967年第5回パリ青年ビエンナーレ(パリ市立近代美術館)、1972年、第36回ヴェネツィア・ビエンナーレ参加、他多数。1970年、「Expo’70」鉄鋼館では美術監督を務めた。2012年3月に開催された個展「制動・大洪水」(大岡信ことば館)が最後の展覧会となった。

2012年10月19日、心不全で死去。72歳没。

作品

絵画

還元 No.2(1963年)(東京国立近代美術館蔵)
アクション・フィールド(1964年)(国立国際美術館蔵)
Exchange No.1(1971年)(国立国際美術館蔵)
積層 No.1(1974年)(東京国立近代美術館蔵)
積層 No.2(1974年)(国立国際美術館蔵)
ドーム・内なる外(1997年)(東京国立近代美術館蔵)

壁画

東京大学生協中央食堂壁画作品(1977年)(2017年8月から始まった建物改修工事に伴い処分される[4])
慶応義塾大学図書館ロビー壁画作品《やがて、すべてが一の円の中に》の ための 1/9 カルトン No.2(1982年)
御坊市文化会館壁画作品《グラデーション・時の廻廊》(1984年)
倉敷中央病院壁画作品《半透明吹き抜け屋台 No.1》(1988年)
三重県総合文化センター壁画作品(1994年)
三共株式会社研修センター壁画作品(1995年)

著作

『絵画論―描くことの復権』筑摩書房、1980年 ISBN 978-4-480-87044-5
『線の肖像―現代美術の地平から』小沢書店、1980年
『デュシャン(20世紀思想家文庫〈13〉)』岩波書店、1984年 ISBN 9784000044134
『記号から形態へ―現代絵画の主題を求めて』筑摩書房、1985年
『絵画の方法』小沢書店、1994年 ISBN 978-4755150289
『心象芸術論』新曜社、1994年 ISBN 978-4788504738
『20世紀美術』岩波書店、1994年 ISBN 978-4-00-430337-4
『絵画空間のコスモロジー―宇佐美圭司作品集 ドゥローイングを中心に』美術出版社 1999年 ISBN 978-4568103229
『廃墟巡礼―人間と芸術の未来を問う旅』平凡社、2000年 ISBN 978-4582850376

Gallery

Price

 

Secondary

宇佐美圭司 オークション落札相場価格

 

Exhibition

 

 

スポンサーリンク